FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
一夜明けて。
今日は午後からお仕事なので、ゆっくりな朝
録画したZIPを見ながら、のんびり朝ごはんです。


改めまして。24時間テレビ、ほんとうにお疲れさまでした!
関ジャニ∞のファンでよかったなぁって心から思えた24時間でした。

エイトくんたちも、今日くらいはゆっくりできてるといいなぁ。



続きには、24時間終了後の記事を。記念にペタリしておきます♪



日テレNEWS24 「【24時間】やりきった関ジャニ『充実感』」

 日テレ系「24時間テレビ34 愛は地球を救う」でメインパーソナリティーを務めた関ジャニ∞が21日
番組終了後、会見を行った。

 村上信五(29)は「充実感と達成感でいっぱい。無事にやりきれて今はほっとしています」とにっこり。横山裕(30)も「ほっとしています。肩の荷が下りた」と安堵の表情を浮かべた。安田章大(26)は「見に来てくださった方、参加してくださった方に感謝です」錦戸亮(26)は「こんな(感情の)起伏の激しい1日はないというぐらいでした。楽しかったです」と振り返った。

 観覧しているファンを気遣い、ステージから客席に手を振りこまめに交流し盛り上げ役に務めた丸山隆平(27)は「思っている以上に楽しくて。意味のある番組に参加させてもらったんだなと感謝の気持ちでいっぱいです」
 最年長でチャリティーマラソンランナーを務め、63・2キロを完走したフリーアナウンサーの徳光和夫(70)の人柄とひたむきな姿勢も、メンバーに深い感銘を残した。
 丸山は「自分も70歳になったとき、こういう大人でありたいと思った。徳光さんのように人に慕われる人でありたい」としみじみ。渋谷すばる(29)は「ただただかっこよかった」とたたえ、大倉忠義(26)は「すごい方って苦労を(外には)見せないんだなと思った。勉強になりました」と語った。



ORICON STYLE 「関ジャニ∞、24時間テレビに『充実感』徳光和夫の走りに感激」

 人気グループ・関ジャニ∞が21日、日本テレビ系『24時間テレビ34 愛は地球を救う』の放送終了後、日本武道館で報道陣のインタビューに応じた。初めてのメインパーソナリティーを全うし、
村上信五は「充実感、達成感でいっぱい」と安堵の笑み。番組史上最年長となる70歳で24時間チャリティーマラソンを完走した徳光和夫の姿に大倉忠義は、「凄い方は苦労を表に見せないなと感じた」と憧憬の眼差しを向けた。

 「力~わたしは、たいせつなひとり。~」をテーマに、東日本大震災復興のために数々の企画に携わった関ジャニ∞。安田章大は「24時間テレビに関わった方すべてに感謝の気持ちでいっぱい」と一礼。錦戸亮も「いろんな感情にしてくれた」と感謝の言葉が溢れた。

 過去に所属事務所の先輩が担ってきたメインパーソナリティーに抜擢されたプレッシャーは重くのしかかったのか、横山裕は「24時間テレビをやると聞いて、約8ヶ月間経ったんですけど、今日でやっと肩の荷が下りた」とホッと一息。渋谷すばるも「心地いい疲労感と脱力感と、放心状態と眠気と足腰の痛みが…気持ちいい」と笑わせた。

 名司会者・徳光の完走劇もメンバーに大きく映った。丸山隆平は「スタートする時、徳光さんの70年という年齢の大きさを感じた。僕が生まれてない時からお付き合いされてる人のメッセージや、長嶋監督がスターターを務めたり。70年間、熟成されている徳光さんを見て、こういう人になりたいと思った」大倉も「常人ではできないことを簡単にやるように見せてて、テレビってのはこういうもんだというのを教えてもらったよう」と、70歳の勇姿を目に焼き付けていた。

 今年の24時間テレビの募金総額は2億4309万1607円。総合司会を羽鳥慎一アナと西尾由佳理アナ、メインパーソナリティーを関ジャニ∞、チャリティーパーソナリティーを堀北真希、番組パーソナリティーを宮川大輔とイモトアヤコ、スペシャルサポーターを黒木瞳、真矢みきが務めた。



シネマトゥディ 「関ジャニ∞、24時間テレビメインパーソナリティーを務め上げ達成感!」

 今年で34回目を迎えた「24時間テレビ34 愛は地球を救う」でメインパーソナリティーを務めた関ジャニ∞のメンバー横山裕、渋谷すばる、村上信五、丸山隆平、安田章大、錦戸亮、大倉忠義の7名が番組終了後、大役を果たした感想をさわやなか笑顔で語った。

 徳光和夫の歴代最年長チャリティーマラソンゴールで幕を閉じた今年の24時間テレビ。場内の興奮覚めやらぬなか、報道陣の前に登場した関ジャニ∞のメンバーたちは、24時間という長丁場だったため、さすがに疲労がうかがえるものの、表情は晴れ晴れとしている。「充実感と達成感でいっぱい」と村上が感慨深く語ると、錦戸や大倉も「(ぼくたちを)いろいろな感情にしてくれた」と追随。横山は「(メインパーソナリティーが発表になってから)8か月間ずっと(24時間テレビのことは)頭の片隅から離れなかったので、無事に終わってほっとしている」と心情を吐露。渋谷は「疲労感、強烈な眠気、足腰の痛み……そんなものが、達成感とあいまってすごく気持ちいい」と独特な表現で今年の24時間テレビを振り返った。

 また、70歳という年齢で63.2キロを完走した徳光を武道館で迎えたときの瞬間を「すごいとしかいいようがない」(村上)「みんなに慕われて……自分もこういう70歳になりたいと思った」(丸山)「(最後は笑顔で)すごい人は苦労を見せない」(大倉)「圧倒されっぱなしだった」(横山)と長年24時間テレビのパーソナリティーを務めてきた大先輩を、独特の表現でねぎらった。

 メンバーが「この番組に参加できたことに感謝しています」と口をそろえて語った今年の24時間テレビ。番組放送中に集まった募金総額は2億4,309万1,607円。東日本大震災への支援を中心とした災害支援や福祉車両、身体障害者補助犬の普及支援などに使われる。



webザテレビジョン 「24時間テレビを終えた関ジャニ∞が思いを語る」

 「24時間テレビ 愛は地球を救う34」(日本テレビ系)が8月21日夜フィナーレを迎え、メーンパーソナリティーを務めた関ジャニ∞が、収録後囲み取材に応じた。

 終わった感想を聞かれたメンバーは「充実感と達成感でいっぱいです」(村上信五)「始まる前は無事にできるかなって思っていたので、終わってみてほっとしています」(横山裕)「24時間に関わりを持ってくださったみなさんに感謝でいっぱいです」(安田章大)「思っている以上に楽しくて、意味のある番組に出させてもらえたんだなと実感しています」(丸山隆平)「心地良い疲労感と脱力感と、若干の放心状態と、強烈な眠さと足腰の痛みです(笑)」(渋谷すばる)「こんなに起伏の激しい1日はあんまりないと思います。楽しかったです」(錦戸亮)「いろんな感情を使いすぎていまはパンク状態です。テレビはたくさんの人が集まって、日本中の人に元気や感動を与えてるんだと改めて勉強できました」(大倉忠義)とそれぞれ素直な思いを語った。

 今回、書道パフォーマンスや子供たちとの楽器演奏などさまざまな企画にチャレンジした関ジャニ∞。特に、村上と書道ガールズのパフォーマンスを見たメンバーは「思った以上にかっこよかった!」(横山)「指揮をとってる姿を見て、学生の運動会の時も信ちゃんはこんな感じだったのかなと勝手に想像してきゅんとしました(笑)」(丸山)と大絶賛。さらに横山は「大倉はダンスの時めっちゃイケてました。めっちゃテンションがあがってて、あんな大倉初めて見ました(笑)」と笑顔で明かした。一方、パントマイムに挑戦した安田は「子供たちがのびのび楽しんでたのでよかった」と安心した表情を。それを聞いた渋谷も「子供たちの未来にとって良い経験になればうれしい」としみじみと語った。

 さらに、70歳で史上最年長ランナーを務めた徳光和夫について「自分も70歳になったらこんな風に人に慕われていたい」(丸山)、「ただただかっこいい!」(渋谷)、「テレビだと簡単に見えるけど常人じゃできないこと」(大倉)と敬意を表わした。


 
コメントの投稿
secret


トラックバックURL
http://kujiragumo8.blog116.fc2.com/tb.php/1657-269d71b8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。